NBSホテルマネジメント株式会社

NEWSお知らせ

TOPお知らせ第10回『弊社コンサルに聞く:いまは足場を固めよう。Afterコロナに向けて②』

第10回『弊社コンサルに聞く:いまは足場を固めよう。Afterコロナに向けて②』

第10回『弊社コンサルに聞く:いまは足場を固めよう。Afterコロナに向けて②』

皆様こんにちは。

新型コロナ感染症対策に翻弄されて続けてきた2020年ですが、ふと気付けば、月めくりのカレンダーがあと残り4枚となりました。

今月中には、「Go To Travelキャンペーン」に15%の地域共通クーポンが付与される見通しです。お盆の帰省も控えめだった今年の夏、9月の連休も緩やかな動きが見込まれますが、当該キャンペーンは来年3月までのロングラン。今からでも間に合うキャンペーン対策を打っておきたいところです。さて、今回も前回に続き、弊社取締役COO・長野とのオンラインミーティングの模様をお届けします。

 

これまでも「NBSチェックリスト200」において、[Check No85] 自社施設の近隣飲食マップは作成されているか、という項目を挙げていましたが、ここにきて、より一層の近隣飲食店、地域との連携強化をお薦めしています。周辺飲食店のディナーやランチをセットした宿泊プランにすることで、ゲストにはお得感を与えられ、やや値は張るが地元ならではの食材とか、普段はなかなか手が出ない高級店にも足を運んでもらえるかもしれない。これまで若干敷居が高く感じられていたお店にも、これを機にこちらの提案にご賛同いただけるかもしれません。お店側にも、宿泊とのパッケージがメリットになる面もありますよね。

 

-とある海鮮居酒屋のご亭主は、生鮮品が中心だけに「仕入れの量」に大変苦慮していると仰っていました。時短で細々と営業しながらも、わざわざ足を運んでくださったお客様に満足いただくために、ある程度の品数は揃えておきたいが、当日の客数が全く読めない。たとえ一日数名でも確実に来店する人数=当該プラン宿泊者数が把握できていれば、お役に立つかもしれません

 

こういうコラボレーションは決して一過性のものでなく、今後も地域一帯で共存共栄していくために、一つの定番商品として根付いたら嬉しいですよね。否定的な見方もある「Go To Travelキャンペーン」ですが、これがそのきっかけになればよいと思うんです。

それと、今回のような非常事態において、多くの方が感じられているのは「固定客層の大切さ」ではないでしょうか。改めて「自社のファンづくり」に力を入れていきたいところですね。

「NBSチェックリスト200」には、自社WEBに対する[Check No68] 自社限定の特典を付与しているか、というチェック項目を設けており、メンバーズカードのほか、会員組織作りをご提案してきましたが、加えて、その特典が一時的な値引きや単なるバラまきではなく「ファン作り」という「目的に応じた内容」になっているのか、また、「いつまで」に「どのくらい」の組織にしたいかの「目標を数値化」する等、更にブラッシュアップしていく必要があると考えています。

あわせて、以前話したように、稼働が1桁程度に落ち込む中でも、ホテルに滞在している方々のプロフィールを伺うと、周辺の医療機関にお勤めであったり、インフラを中心とした工事関係者だったり、[Check No71] 地元企業の担当者と顔合わせはできているか、というセールス関連のいち項目に、改めて注目したくなります。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

私の実体験でもありますが、冠婚葬祭や帰省等で、住宅事情から近場の宿を利用するシーンもあります。

地元企業や周辺住民の方々との関係性は、日頃から良好に保っておきたいですね。

 

ご周知の方も多いかもしれませんが念のため…「GoTo Travelキャンペーン」8月分月次報告に関する注意事項が記載されています。

9/15が〆切とのことですので、対象の皆様はお忘れございませんように。

https://biz.goto.jata-net.or.jp/

「NBSコンサルタントに聞くシリーズ」についての記事一覧