NBSホテルマネジメント株式会社

NEWSお知らせ

TOPお知らせ第13回『弊社コンサルに聞く:意識改革のススメ②』

第13回『弊社コンサルに聞く:意識改革のススメ②』

第13回『弊社コンサルに聞く:意識改革のススメ②』

皆様こんにちは。今年も早、残り1か月となりました。予想されていたこととはいえ、新型コロナ陽性者数が気温の低下とともに増え、緊縮ムードも高まりつつありますが、同時にGoToキャンペーンの延長も聞こえてくる等、先行きの見えづらいこの状況下では、「ゼロか100か」ではなく、臨機応変にアクセルとブレーキを踏み分けることが必要なのだな、と感じます。

 

「NBSチェックリスト200」[Check No75] 駐車場代は近隣相場と見合った価格設定となっているか という項目がありますが、公共交通機関の利用を控えたいとか、高速料金がキャンペーン対象になる等の理由から、マイカー利用の旅行者が増えており、都市部のホテルでも「駐車場無料プラン」がウケているとのことで、某OTAの画面をチェックしてみましたところ…確かに。自社の駐車施設以外でも、近隣パーキングの駐車代無料を謳ったプランが目に付きますね。

 

「1泊分」とか「チェックアウト日の何時まで」とか、駐車料金をインクルードしたプランですね。料金のわかりやすさと同時に、旅行代金に含まれることでキャンペーンの割引対象にもなり、ゲスト側にはちょっぴりお得なわけですが、施設側としては、「景品表示法」の観点から、表記の仕方に少し注意が必要です。いわゆる総付け景品(特典、おまけ等)とみなされるものは、取引額(1,000円以上の場合)の「10分の2まで」と規定されているので、例えば1泊1万円の宿泊費に対して駐車代が2,000円以下なら堂々と「駐車場代金無料」と謳えますが、それを超える場合は「駐車場代金を含んだプランです」というような表現にする必要がありますね。細かいことですが、これ以外にも宿泊プランにセットするものとして、例えばハイブランドのグッズであるとか、自社商品でないものは景表法に抵触する可能性がありますので、意識していただきたいところです。

それと、OTAの画面を見ていて気になることはありませんか?「NBSチェックリスト200」では、[Check No43] 施設のコンセプト、売りの画像をアップしてゲストにイメージ訴求できているか を提案していますが、コロナ禍において、以前は“売り”であった画像が逆効果になっていませんか?

 

-あぁ…フロントスタッフの女性が、にっこりとルームキーを手渡しされていますね。今のご時世、マスクやフェイスガードがなく、手袋もせずに手渡しという写真には、若干の違和感が。ほんの1年前は思いもよらなかった感覚で、世の中、変わりましたね…

 

フロントやレストラン、人が映った写真は特に、自社サイトやOTA各社はもとより、以前話題にあがったGoogleローカルガイド等も一度チェックしておかれるべきでしょう。先述の通り、ローカルガイドは「Googleマイビジネス」にオーナー登録することで、施設の情報や写真を登録したり、クチコミに返信することができます。自社ホームページへの誘導も可能ですし、高額なコストをかけてアクセス解析することが難しいのなら、まずは裾野を広げておいてはいかがでしょうか。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

ちなみに、ローカルガイドの「写真」ページでは、施設提供画像はユーザー投稿より優先表示されるようです。長野COOの言葉通り、「概要」「詳細」ページから自社サイトへリンクすることもできますし、一朝一夕のMEO対策は叶わずとも、やっておいて損はないと思いますよ。ところで…「料金」ページにエージェント各社で販売中のプラン料金の一例が掲載されているのですが、ココ、何故かじゃらんは載っていないんですよね。OGとしては寂しい限りなのですが、理由をご存じの方、ご教示いただけませんでしょうか…?

Googleマイビジネスの登録方法は、再掲になりますが、こちらのホテル向け導入ガイドを参照くださいね。

https://support.google.com/business/answer/9177814

「NBSコンサルタントに聞くシリーズ」についての記事一覧